健康食品で副作用が出た場合は

えって副作用!?

実は僕はとてもサプリマニアといわれるほど健康食品の大ファンなんです。  でも中には副作用っぽい症状があれわれて体調を崩すこともしばしばあったり、、気をつけて摂取してるつもりでも実はとても怖いリスクをもっていることがあるのも健康食品の一面だっだりします。

僕と健康食品との出会い

僕が健康食品で副作用っぽいことを感じたのは実は中学校の時なんです。当時は思春期のまったなだか、エッチな本を買ったりして読んだりしていた僕だったのですが、その時に本の最後のページの掲載されていた健康食品の広告が目にとまったのでした、内容はカルシウムの沢山入ったサプリを飲み続ければ一ヶ月でなんと
5cmも身長が伸びると書かれていたのです。

体の不具合が発生

体の不具合が発生

早速、電話でカルシウムサプリを買ってしまったのですが、摂取してから4日後に急にじんましんが体中から出てしまい酷く体調を崩してしまったのです。病院にいっても原因がまったくわからず途方にくれてしまったのですが、よくよく考えてみると例の健康食品をとり始めてからおかしい事に気づいたのです。他に一緒に購入した友人は特に摂取後異常は見られなかったことから、僕の体には合わず副作用が発生したのではないかと思います。

電話で販売元に抗議

しかしながら単なるカルシウムのサプリで副作用というのもおかしな話と思い、電話にて販売元に連絡するもまったく相手にされませんでした、今になって怖いなと思うことはサプリメントは医薬品と比べ、効果、効能、副作用のリスクなどの情報が乏しくて信頼性が薄く責任を追及する事は超難しいということなのです。

副作用がでてしまった場合

副作用がでてしまった場合

医薬品であれば副作用が発生してしまった場合に医薬品副作用被害救済制度などを
制度をしっかり利用して自分を守る事ができるけど、健康食品はイマイチそういった制度を活用できるかは凄く不透明な感じですね。こんど救済制度を活用できるかしっかり調べたいと思っています。自分の健康を守る為に