給付額はどのくらい?私の場合いくらもらえるの?

医薬品でまさかの副作用って

私の祖父は以前に薬の副作用によって体調を崩して長く仕事にもいけなかった事ががあったそうです。祖父は仕事一筋の人間だったのでほんと辛そうだったと祖母が言っていました。私は最初話を聞いたときにお医者さんからもらった薬で副作用なんてほんとあるの?と少し疑っていましたが、体質などにより安全性の確認された薬でも人によっては副作用のような症状があらわれるそうです。

救済制度の存在を知りました

当時は医薬品などで副作用などの症状の被害にあっても特に国から保障みたいな制度はなかったそうですが、現在では医薬品副作用被害救済制度という副作用によっての被害を救済する制度があることを知りました。指定の機関に申請して認定をもらえれば給付金が支給されるそうです。これは安心ですね。

給付には様々な種類がありますよ

では一体いくらぐらいの給付額が被害にあった場合支給されるのかとてもきになりますよね。私なりに色々と調べてみると、給付金には7つの種類があることがわかりました。種類の違いによって給付額などもかわっていくということみたいですね。

ではでは実際の給付額はどのくらい?

それぞれの種類別給付額を見ていきましょう。①医療費は健康保険等による給付の額を除いた自己負担分 ②医療手当ては入院や通院の有無などでかわり、月36300円~34300円 ③障害年金は1級と2級で違い月229700円~183800円 ④障害児養育年金はこれまた1級と2級で違い月71800円~57500円 ⑤遺族年金は月200900円 年金の支払いは10年間までとなります。⑥遺族一時金7232400円 ⑦葬祭料206000円
などの素晴らしく手厚い給付額が用意されていますね。

制度しっかり理解して申請しましょう

制度しっかり理解して申請しましょう

様々な給付の種類や給付額の違いを私なりに説明させて頂きましたが、自らが副作用の被害にあった時に救済制度から給付額を支給してもらえるかしっかり調べる事が大事です。まずは信頼のおけるお医者さんなどに相談する事が最良だと私は思います。