治験で医薬品副作用被害救済制度は使える?

臨床試験との出会い

僕はあまり、医療の事にはぜんぜん詳しくもなく興味もいまいちなんだけど、治験っていうものに少し興味をもったので自分なりに色々と調べてみました。
色んな難しい用語とか沢山でてくるから調べるのも疲れるんですよね。

治験ってなんなのかい!?

治験っていうのは開発段階の薬とかが人間の体に不具合を発生させないかどうか様々な方法を用いて安全性を検査したり調べたりする事なんだって。動物なんかもつかったりして調べるみたいですよ。ちゃんとした名称では治験の事を【臨床試験】と呼ぶみたいです。

ちなみにシルデナフィルといったバイアグラのジェネリック薬なども試されます。その場合、どのように効果を確認しているのかが若干気になりますね笑

安全性などきになるきになる

臨床試験はちゃんとした基準のもとで厳密に行われ患者さんの人権などはしっかり守られるみたいだよ。僕も最初は不安でしょうがなかったのだけど色々調べていくうちに自ら治験に参加してみようかなっておもったんだ。
ちなみに治験は段階によって行われ第1相~第3相の順に行われるみたいです。

治験で副作用発生したらどうするの

ひとによっては臨床試験を経験する事によって薬による副作用なんかの心配がありますよね。こういった副作用になっちゃったときの為に医薬品副作用被害救済制度って国の救済制度があるのだけど、臨床試験での副作用が対象になるのか調べてみたよ。

救済制度つかえるのかい!?

なんとこの救済制度つかえるみたいです!安心しました。僕はまだこういった副作用の経験とかがないのだけど、こういった臨床試験での副作用でも救済制度が使えるのは凄く安心だなって思います。

最近救済制度を活用したAさんの話

最近救済制度を活用したAさんの話

知り合いに臨床試験を経験して副作用みたいな症状を訴えて救済制度を使ったみたいですけど、問題なく給付されたみたい、色々と厳格な審査はあるみたいだけど、しっかり申請すればOKみたい。でもやっぱり一番良いのはこういった制度を使わないことが一番なので副作用にならないように事前に臨床試験で使われる薬剤などの知識をもっておくことも大事だなって思いました。